2014年度 理事長報告

2014年度 理事長報告

 

一般社団法人 小諸青年会議所

2014年度理事長 荻原加奈子

 

認承50周年を迎えた2014年は「No attack  No chance  できる、できないじゃなく、やるんだよ!」をスローガンにメンバー一丸となり活動をスタートさせました。50周年という節目の年を改革の年と位置づけ、継続事業の休止、理事会を例会に当てるなど様々な部分で新しい試みを行いました。新規事業を行わない理由に継続事業の負担を口にする者がいる中、先輩たちが自分たちの想いを形にしたように、自分たちの想いを形にすること、その為の努力というものは計り知れない事だということを経験することが必要と考え、継続事業を休止致しました。このことには様々な反応を頂きました。先輩方が試行錯誤を重ね続けてこられた物を簡単な思いで休止した訳ではありません。ですが、父の理事長年に始めた事業です、娘の私が決断を下すことが良いと考えました。

また、少数になってきた今、一度も理事会を経験せずにいきなり理事者になり議案を作成するなど一人ひとりの役割や責任が増える中、新会員から理事会にオブザーバーで出席することにより、全会員が事業の成り立ちを知り、自分ごとと捉え活動に励むようにいたしました。私の基本方針にあります「愛・想い・こもろ ~未来のために~」のもと、自分たちの想いを形にした事業を行いました。この行われた全ての事業は50周年の名に恥じない素晴らしい事業となったことと思います。

 

まちの絆を強くする~故郷に住む全ての人と繋がろう~のもと、子ども達はもちろん、地域の大人にも夢を与える事業を展開してくださった鈴木委員長はじめとするまちの絆つくり委員会。

県の補助金を使用したり、武蔵野美術大学とコラボレーションしたりと果敢に新しい手法を取り入れ、まち全体を巻き込み故郷の素晴らしさを再認識させて頂く事業を行って頂きました。この事業は関わってくださった多くの皆さんにとっても忘れられない物となったことと思います。また事業を通して、全ての年代の人たちが繋がることができ、まちの絆が強まったことでしょう。

鈴木委員長の頑張りは、熱い想いがあれば、少人数でも自分たちの想いを形にすることは可能であるという事を全ての会員に伝えて下さいました。

12月の最後の最後まで委員長を支え活動してくださいました委員会メンバーの皆さん本当にありがとうございました。

 

 

 

ドリームプロジェクト ~できる、できないじゃなく、やるんだよ!~

子どもの夢を育むことを目的とし活動してくださった 桑原委員長はじめとする こどもの夢育み委員会。

昨年までの青少年教育の系統という事もあり、継続事業休止により様々な壁にぶつかりました。委員長の想いで始まった子どもたちの夢を形に残す事業。個人情報の保護等により思う様に展開が進まず、何度も何度も話し合いを重ね、出来上がった作品は子どもたちの未来への希望の詰まった素敵な笑顔が詰まっていました。経験の深いメンバーが少なく委員長としては苦労が絶えなかったことと思います。ですが苦労のあとには必ず達成したときの笑顔が待っていることを心に最後の最後まで私の基本方針に向かって活動して頂いたこと感謝いたします。10年後、この作品を見ながら苦い思いが素晴らしかった思い出に変わることでしょう。経験の浅い中、委員長と共に悩み考え、素晴らしい作品を作り上げた下さった委員会の皆さんありがとうございました。

 

 

そして小諸青年会議所最大事業でありました認承50周年記念式典から始まる50周年全てを担ってくださった羽柴特別委員長。

6月の式典・祝賀会では小諸らしいおもてなしやサプライズな演出と趣向を凝らし、来て頂いた全ての方に満足いただける素敵な物になりました。7月には急遽実施いたしましたBCリーグの公式戦試合スポンサー。この試みは地域へそして同じ志で活動する他LOMへも良い影響を与えました。そして、私の基本方針に添い行われた記念講演会では子どもたちがキラキラと輝いた目で講師にふれ合い、真剣に耳を傾ける姿が印象的でした。そして、そんな子どもたちを見守る大人の意識も変わる講演になったことと思います。

特別委員会という委員は役員で補うような特殊な形で委員長には多くの負担をかけたことと思います。副理事長を担いながらの委員長、本当にありがとうございました。

 

 

いつもJC活動、LOM活動を円滑に運営できるよう細かいところまで気を配って頂いた神津事務局長はじめとする事務局。

渉外や総務以外にも周年に対する対外的な広報、対応と多くの担いを受けもち、落ちなく運営して頂いたことに感謝いたします。また、慣れないホームページの運営など苦労もあったかと思いますが個人のスキルアップに繋がったことでしょう。そして、理事会を例会に当てたこともあり、毎月の例会運営に加え、会員委員会がなかったこともあり、スピーチトレーニングも重ねて運営頂きました。スピーチトレーニングは工夫を凝らして頂きメンバー皆が楽しくスキルアップできました。

表に出ることは少なく縁の下の力持ちとして50周年をお支え頂き、ありがとうございました。

 

 

会員拡大におきましては、私の力不足により仲間を増やすことができず、お詫び申し上げます。また、新会員を育てつなげていく難しさも痛感させられる年となりました。今年の事業を振返ると少人数でも大きく素晴らしい事業を行うことは可能です。ですが、私たちの団体は自分たちの住み暮らす故郷の未来を考え行動するものです。それには志を同じくする仲間が多い方が良いに決まっています。今年は対外的な広報が充実し、市民の目を引くような素晴らしい事業が行えました。このことを利用しない手はありません。ぜひ、来年は多くの仲間に出会え、共に活動できるよう頑張っていきたいと思います。

 

来年に金沢世界会議をひかえる地区、ブロック、小諸市関係会議への出向をして頂きました皆様、本当にありがとうございました。JC関係の上団体への出向につきましては他理事長たちとも今のまま全ての委員会に全てのLOMから出向させるのではなく、メンバーの負担軽減をしていかなければならないと話し合いました。その結果、来年度ブロ長輩出につきましては圏域で協力し合い運営をする運びとなりました。またブロ長輩出につきましては東信アーカイブに決定事項を載せ、引き継いでいくことになりました。

 

 

最後に私のお守りを快く引き受け、一年間を共にして頂きました西田専務。先輩方にもよく茶化されましたが、本当にこのじゃじゃ馬を面倒見て頂きありがとうございました。そして、メンバーに対して細やかなフォローを優しい笑顔で時には厳しく接して頂いたことはメンバーにとっても大切な思い出となったことでしょう。また、外部監事の花岡先輩、小山先輩にはいつもメンバーに心を寄せて頂き活動へも多くの力添え頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

 

  

50周年という節目の年に理事長をさせて頂き、多くの皆様に出会う機会を頂きました。その出会いには様々な学びがありました。その学びをいかしていきたいと思います。「できる、できないじゃなく、やるんだよ!」この言葉は自分へのエールでもありました。うだうだ悩んでいるのではなく、とにかく行動しよう!と一年間活動して参りました。いのししのように猪突猛進でメンバーの皆さんにはひやひやする思いやご迷惑お掛けいたしましたことお詫び申し上げます。2014年に、小諸青年会議所50周年という年に皆さんと共にJC運動できました事、大変うれしく思い、心より感謝申し上げます。

 

 

熱い想いがあればできないことはないと信じます。

No attack No chance  チャレンジしない限りチャンスはやってこない

今後も精一杯JC運動に邁進していきたいと思います。

 

一年間、本当にありがとうございました。

 

 

KomoroJC